大学生補習家庭教師センター

授業が難しくなっていると考えられる理由2

考えられる理由 その2 講義評価・授業評価制度の導入 ?講義評価・授業評価制度とは)

授業の充実改善を目的として、学生による講義評価・授業評価が大学で行われます。 これは、大学で行われるすべての授業を対象として、アンケート等の調査を実施し、大学の教育体制に反映させるものです。各大学はその結果の公表を義務づけられていますし、大学経営の面からも入学者を増やすために真剣に取り組まれております。

ですから、GPA制度の説明でも申したと同様に、大学の教授、准教授、講師等の教員の授業が改善されるという側面とともに、講義評価・授業評価制度は授業に対する取り組みが意欲的な学生中心に制度が動いて行きますので、授業に対する取り組みがうまくいっていない学生、授業に対する取り組みが希薄な学生にとっては、その結果として授業の難度化の可能性が考えられ、授業について行けない学生の増加といった事態の発生が今後ますます予想されています。

 

 

 

 

次のページへ

 

 

大学生補習家庭教師センター 問合せメール
ホーム > 最大限の対応 > 授業が難しくなっている理由 > 大学生への家庭教師案内 > 補習指導の質問と回答   > システム > 特色 > 費用・料金 > 相談・問合せ例 > 問合せ先 > 無料体験業の趣旨 > 対応する学部・学科 > 教師登録 > 個人情報について > 大学生補習家庭教師センターについて
問合せ: campus_info@wgb.jp
氏名、連絡先、住所(県名、市町村町名)、具体的内容をご記入願います。 担当より連絡させていただきます。